開春雄町・袋取り&生原酒の紹介です。

原材料は岡山県産「雄町」を使用しています。
酵母は協会7号を使用、
7号は泡が高くなる傾向があり、
米質が柔らかい雄町では更に・・、泡が膨れます。
酒母の様子・・
IMG_2583[1]
過去には醪がこんな状態に・・・。
CIMG7703
雄町と協会7号は作業面では、いろいろと大変ですが、
酵母と米の相性は良いと思うので、
この組み合わせで仕込んでします。
雄町
開春雄町袋取り&生原酒です。
醪は一緒ですが、搾る過程が違います。
袋取りの様子
IMG_2832[1]
「袋取り」は、小袋に醪を入れて自然に落ちたお酒、
雫酒とも呼ばれています。
IMG_3188[1]
生原酒は、「槽」(ふね)で搾り「中取り」と呼ばれるお酒。

2種類とも「無濾過生原酒」自然に滓(おり)を沈殿させ、
上澄みを瓶詰しました。

今年は
袋取り 日本酒度+4.0 酸度2.1 アミノ酸度1.5
生原酒 日本酒度+5.0 酸度2.1 アミノ酸度1.5

米も程よく溶けて、味わいのある、
後切れも良い感じに仕上がりました。

価格(税込み)
袋取り1800ml 3,150円
生原酒 1800ml 2,800円 


よろしくお願いします。